2017年8月20日日曜日

作家とサッカー23 鬼才エミール・クストリッツァ

『夫婦の中のよそもの』23ページ「すごくヤなこと」
 その渦から逃れるように、ゼコはセーターの袖の石油の染みが付いた部分を隠しながら台所へ。そうやって袖の先を引っぱり伸ばして握りこむというのは、パルチザン・ベオグラードのフォワード、ヴコティッチが試合に絶対勝つと決意を固めたときにやるのと同じだ。

夫婦の中のよそもの
夫婦の中のよそもの

夏の広島④三瀧寺(続続)

先を急ぎましょう。
三瀧寺の残りの写真です。
その名の由来の三つの滝(駒ケ滝、梵音の滝、幽明の滝)、被爆建物(鐘楼・三鬼権現堂・鎮守堂)。


補陀落の庭に注ぐ滝は枯れちゃっていた。
本堂下から参道の方に水が流れるように誘導されている。
確かに涼し気な雰囲気だが、(日陰だし)それでも汗が噴き出てくる。
夏は暑い。(結論)








2017年8月19日土曜日

コッカー、遂に故郷に錦?

チェルチェソフさんが、8/28~9/3ノヴォゴルスクでの合宿、及び9/3のディナモ・モスクワとの練習試合に呼んだロシア代表、初選出が多い次の28名。

GK
アンドレイ・ルニョフ(ゼニット・サンクト=ペテルブルグ)
アレクサンドル・セリホフ(スパルターク・モスクワ)
アンドレイ・シニツィン(FKクラスノダール)

DF
ウラジーミル・グラナト(ルビン・カザン)
ルスラン・カムボロフ(ルビン・カザン)
エリミル・ナビウリン(ルビン・カザン)
ヴャアチェスラフ・カラヴァエフ(スパルタ・プラハ(チェコ))
イリヤ・クテポフ(スパルターク・モスクワ)
ロマン・ノイシュテッター(フェネルバフチェ(トルコ))
マリオ・フェルナンデス(ツェスカ・モスクワ)
エヴゲニー・チェルノフ(FKトスノ)
ヴィタリー・シャホフ(FKトスノ)

MF
ウラジスラフ・イグナチエフ(ロコモチフ・モスクワ)
アレクセイ・ミランチュク(ロコモチフ・モスクワ)
アントン・ミランチュク(ロコモチフ・モスクワ)
ドミトリー・タラソフ(ロコモチフ・モスクワ)
ダレル・クジャエフ(ゼニット・サンクト=ペテルブルグ)
マゴメド・ミトリシェフ(アフマト・グローズヌィ)
パーヴェル・モギレヴェツ(ロストフ・ロストフ=ナ=ドヌ)
マゴメド・オズドエフ(ルビン・カザン)
ヴャチェスラフ・ポドベリョズキン(FKクラスノダール)
コンスタンチン・ラウシュ(ケルン(ドイツ))
ドミトリー・ストツキー(FKウファ)
デニス・チェリシェフ(ビジャレアル(スペイン))

FW
アントン・ザボロトヌィ(FKトスノ)
ウラジーミル・イリイン(ウラル・エカテリンブルグ)
マクシム・カヌンニコフ(ルビン・カザン)
キリル・パンチェンコ(ディナモ・モスクワ)

親善試合の相手、見つけられなかったんですかね。
ディナモ・モスクワ相手の試合で、そのディナモからはプレミア復帰の立役者パンチェンコ一人。
トスノから3人は異例では。
国外リーグの選手もちらほらいて、まずは久しぶりに親子鷹のチェリシェフ、お戻りのノイシュテッター、プラハからカラヴァエフ。
そして、ノイシュテッターと同じような境遇、つまりドイツ系ソ連人の系譜であるラウシュ、ロシア国籍取っていたんですね。
アレクサンドル・メルケル(結局カザフスタン代表になった)がロシア代表入りを希望していた頃、旧ソ連領内出身の民族的にはドイツ系の選手として一時注目されていたけれど、当時は「ロシア国籍はないけれど、ロシア(トムスク)生まれだからすぐ取れるはず、代表呼ばれれば前向きに検討」と言っていた、ペリメニ大好きさんのコッカー、遂に呼ばれたか。
しかしやはりBチーム感は否めない。

2017年8月16日水曜日

録画メモ

生きうつしのプリマ(ドイツ)
ふたりのヴェロニカ(ポーランド)

2017年8月14日月曜日

作家とサッカー22 鬼才エミール・クストリッツァ

『夫婦の中のよそもの』

「おへそ、魂の門」130ページ
「おばさん、アシム・フェルハトヴィチと知り合いだったら良かったんだ!そしたらFKサラエヴォの試合をただで見れたかもしれないのに!」
「アレクサ!アナおばさんは革命の闘士なんだから!なんでそんな幼稚なことを言うの?!」
「ハーセは幼稚じゃないよ!」
ぼくは腸(はらわた)が煮えくり返っていた。ディナモ・ザグレブを向こうの本拠地で3-1で討ち取ったハットトリック選手を馬鹿にしようというのなら、もうぼくだって爆発する!
「別にフェルハトヴィチ選手がどうとかじゃないけど、あんたのおじいちゃんたちはどっちもお役人だったんだしさ、あんたも本が嫌いってわけはないでしょ!」
「別にサッカー選手が好きだからってぼくもサッカーするわけじゃないし!そっちの思い通りになんかならないからね!」

大物来た~~~~~!って感じ!
映画界の鬼才クストリッツァが音楽界のみならず文学界にも大進出!

そうか。
やはり現代にいたる南スラブヴ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナが舞台だと、ファジリ・イスカンデルやノダル・ドゥンバゼの作品ほど涙と共にほのぼの、で終わるようなものではなかったか。
血と涙と狂乱と喧騒が吹き荒れて、結構悲しい。
彼特有の大法螺を聞かされているような感じだ。

それにしても、男の子にとって親の不義はそんなにショックなものだろうか。彼の地では当ったり前なのかという気がしていたが(失礼。何度も結婚離婚している人が普通にいるので)。
その点、最後の表題作の父親の役回りは予想外に地味だった。

好きなサッカーネタもちらちら入って読みやすく、映画のようなジェットコースター気分を味わいつつ、どちらかというと物悲しい思いに浸る。

2017年8月13日日曜日

大物来た

大物来た~~~~~!って感じ!
映画界の鬼才クストリッツァが音楽界のみならず文学界にも大進出!

そうか。
やはり現代にいたる南スラブヴ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナが舞台だと、ファジリ・イスカンデルやノダル・ドゥンバゼの作品ほど涙と共にほのぼの、で終わるようなものではなかったか。
血と涙と狂乱と喧騒が吹き荒れて、結構悲しい。
彼特有の大法螺を聞かされているような感じだ。

それにしても、男の子にとって親の不義はそんなにショックなものだろうか。彼の地では当ったり前なのかという気がしていたが(失礼。何度も結婚離婚している人が普通にいるので)。
その点、最後の表題作の父親の役回りは予想外に地味だった。

好きなサッカーネタもちらちら入って読みやすく、映画のようなジェットコースター気分を味わいつつ、どちらかというと物悲しい思いに浸る。

録画メモ

歌声にのった少年
少女は自転車に乗って